初診にかかるおカネ

不妊治療を受ける歳には不妊外来のある病院や不妊治療専門のクリニックに行く必要があります。初診時には問診や診察があり、初診時にすぐ検査を行なう病院やクリニックも存在します。初診時に大体かかる費用について。

詳細を確認する...

検査の種類

不妊とされる原因に合わせて治療が行われます。その原因を突き止めるのが不妊検査の目的です。病院やクリニックによっても異なりますが、様々な不妊治療に合った検査の種類とその費用についてまとめてみました。

詳細を確認する...

治療と補助金

多くの費用がかかると言われる不妊治療ですが、治療の中には行政からの補助金が下りる不妊治療もあります。ただ治療を行なえば良い訳ではなく、様々な規制があります。情報をしっかりと把握する事で賢く補助金を利用する事が出来ます。

詳細を確認する...

医療費控除

医療費控除という形でおカネが戻ってくるシステムがあります。費用を押さえて不妊治療を受ける為に、しっておきたい医療費控除のシステムについて、そして必ずやっておくべき準備について挙げてみました。

詳細を確認する...

不妊のおカネの話

日本では年々、不妊治療を行なう人が増えていると言われています。
その理由としてはまず、晩婚化が挙げられます。
年齢が高くなってから結婚するカップルが増えた事で、若い時の妊娠に比べて卵巣機能や女性ホルモンの異常などのトラブルを抱える割合が増えている事などが挙げられます。
また、原因不明という不妊症も多くあります。
医学的治療の進歩は目覚ましく、今でも様々な方法が生み出されている不妊分野は今後も多くのニーズによって増加していくと考えられます。
不妊治療は8組のカップルがいれば、1組は行なっているという研究結果もあるほど、今では一般的な治療になってきました。

不妊治療は費用がかかるというイメージが強いです。
それは、確かに否定出来ない事実ですが、実はかなり個人差のあるものなのです。
不妊の原因によって治療は異なっており、その期間も個々によって大きく差があります。
例えば、不妊治療を始めてすぐ妊娠したので1万~5万しか使わなかったという人もいれば、長期にわたる治療で500万以上使っている人もいます。
それぞれの原因により治療を行なっている為にこのように差のある不妊治療ですが、やはり赤ちゃんが欲しい人にとっては切実な悩みだと言えます。
その為、不妊治療は行政からの補助金が下りる事があり、医療費控除の対象となるなど、様々な方法でその費用軽減のワザがあります。
これらの制度を賢く利用する事で、費用を押さえて不妊治療を行なう事が可能となっています。